上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.01.29 1.2.3..........。
コニチワ。

昨日は横手市の「monk」さんにてセッション。
ギター弾き3人のギター談義でございました。


duo guitar


秋田から転勤の方で、JOE PASSライクなギター弾きさんも交えての談話。
以前から何度か連絡を頂いておりましたが、ようやく会うことが出来ました。

ギターは2本しかなく、デュオで交代交代で弾きました。
次回はギター3本で弾いてみても面白いかも知れません。


楽しかったなー
フルアコも久しぶりに触ったし。


練習練習だ。
スポンサーサイト
2009.01.29 muuuuuuuuuuu...。
タダイマ。

練習だ、イントロやエンディング。
演奏の姿勢や、もっとヒートアップしなきゃ駄目だ。

淡々と同じことをしても駄目だ。
ハプニングというか、一瞬の閃きか。
いつも安全パイで弾くのも駄目、もっと弾けて弾く。
自分の空間を築いて、自ら壊したり組み立てたり。

多少のことは気にしない、要は熱く濃くってことかも。

技術的なことよりも、ハートの問題。
僕はまだまだまだまだまだまだまだ×1億、弱いのかも。
何事も、ハートには及ばない。

実験的に捻ったリックはそれ故、登場しなかった。
スタンダードにおいての、アドリブのメロディックさもまだまだ。
僕にはハングリーさが不足だ。

色んな曲を万能に弾きたいと思う反面、それ一筋なギターも弾きたいと思う。
そう思っている以上、何をやっても駄目かも。


よし、もっと浸る。
2009.01.28 Like A ....。
コニチワ。

注:インフルエンザも流行るこの頃、皆様もご注意下さい。


仕事に追われつつ、家に帰って楽器に触れる喜び。
アコースティックだと尚更その感触&聴こえる音が暖かい感じ。
暫くの間、弾くこともなかったBEATLESを弾いてみたり。

最近は良く聴く。
車の中、家でも聴く。
次から次へと感動する曲がいっぱい。

車ですれ違うとき、
知らない誰かでも車中で何を聴いているのか気になる。 笑

車種によって予想したりして。
これがなんとなく当たってそうだから怖い。



いいスピーカーがあったとして、
そのスピーカーで今聴きたい曲は何だ?と問われると、そのココロは…「1人ドライブ用」のこの曲。




2009.01.28 Spain,,,,。
コニチワ。

色んな練習。
Alice in WonderlandやI'm Beginning to See the LightやWhat is this thing called love?等々。
んで、Spain。 笑

かれこれ数年前に尊敬するピアノの方が曲を聴きながら、その場で同時進行で写譜してくれて、(超人的)
小曽根真&渡辺香津美のアルバムでの「Spain」を弾いたことがあります。
キメの部分が少々捻った感じもあるのですが、
盛り上がるソロの前にオリジナルには無い進行がありまして。
20代前半、若かりし僕は試行錯誤するも挫折。 笑
一曲を通して弾くということが、こんなに難しいとは…と今までに無い感覚。
それ以来、この曲は避けておりましたが。 笑

なんでか、弾くことになりそうな予感。

あの頃よりは前進してますよーに!と考えてしまいます。


基本、バップ的な手法で考えてはイケナイ気がします。
少々ぶっ飛んだ世界にコンニチワしたほうが、良いような気もします。
賛否両論もあるとは思いますが、
「いかにもジャズ」的な要素よりも、「?」みたいなハプニング的要素でしょうか。

伴奏も、盛り上がり部分のピアノ部分はリズミカルで興奮します。
ギター伴奏の場合は、やはり「Spain」ですから掻き鳴らしが良いのか、
指弾きでベースライン共々、ムンムン言わせたほうが良いのか悩みます。
YOUTUBEで見たら、大好きな若かりし頃のギター弾きの方が。


まだまだまだまだ×100000000000000、勉強不足です。


P.S アコ弦のフィンガーノイズが気になって、エリクサーの弦モニターに応募。 笑 (無料で下さい)




2009.01.26 made...。
コニチワ。(ネタ切れ…)


携帯に1本の電話、そそくさと歩いて60秒の近所、ギター製作家のK君の家へ。

そこには、ozzy-sunがオールドグレッチのアッセン交換

g1

K君がネックの削り出し作業…

g2


ショップ的雰囲気…笑
一方では木工、一方では半田付け…異空間だ。
グレッチのPU配線について聞かれたんだけど、ozzy-sun順調でしたかね?

んで、マーチンのECモデルを弾かせて頂く。
すんごい高価らしいんだけど、「マーチン」って音だった。

K君と一緒にギターを弾く。
A△7-G#m-C#m9って弾いたんだけど、これってcharの「ALL AROUND ME 」かー!と。
その進行で、いろんな可能性を散策。

[A△7・・・-G#m・-C#m9・]
[A△7・・・-G#7・-C#m9・]
[A△7・・・-A7G#7-C#m9・]
[A△7・・・-D#m7G#7・-C#m9・]
[A△7・・・-D#m7G#7・-C#m9C79]
[A△7・・・-G#m・-C#m7Cm7Bm7] etc...

最初のA△7をイジっても良かったのかも。


で、その後に実家から電話で「渡したいものがある」と。
行ってみれば、豚足とビール等々。 笑

うーん、分かってる分かってる。
その組み合わせ久しぶりなんだな。










2009.01.24 A.....。
コニチワカメ。


今日は弦を張り替える、久しぶりの作業だ。 笑

フルアコのフラット弦は錆びにくいので問題ない。
クラシックのガット弦も意外に長持ちする、特に1~3弦は。
しかし、アコギの弦って錆びやすい気がする。
エリクサー等のコーティング弦も今度試してみようかなーと。

久しぶりに立って弾く。 笑

先日のデュオのときも思ったんだけど、
2人離れて、それぞれが個々の譜面を見て弾くよりは、
同じ譜面を2人で追うほうが結果的にはいいような気がする。
ギターが立って弾いて、ピアノの脇or後ろで覗き込む感じか。
なんとなく気分的に躍動感が出てくる気がします。


閑話休題。


なんで最近アコギなのか。
それは、作曲に興味&ギターデュオ用に&ソロギターに、etc...................
と色々と&悶々としておりますが。

先日、とあるギター弾きさんとお話しをしているときのこと。
「オープンやドロップ、DADGADなんかで弾かないの?」という会話に。
ソロギターの練習なんかでは常にレギュラーな僕。(ジョーパス風)
先方は「アコースティック・ソロギター」的な解釈だったみたいです。

言われてみれば、変則チューニング等は頭に無かった気がする。(ヤバイ…弾いてみたいかも)

確かに、チューニング方法やカポタストによって得られるマジックも素敵かも。




この曲もカッコいい。
44秒から鳥肌が立った。

「アコ・ソロギター、3年分下さ~い!」と言いたい。 笑








2009.01.23 Duo.....。
コニチワンクリックで救える命があります。


閑話休題。 笑


先日はピアノとデュオ、楽しかった。
馴染みの喫茶店にて弾いて参りました、持参したのはアコギ。

morris...

piano...

生には生が似合うかもー!と思いつつ、いざ。

曲目は色々とやりました。
ほぼ聴いたことのない曲が多かったのですが、やってみるもんです。
Wayne Shorter のFootprintsも遊んでみたのですが、面白かったです。
どちらかと言えば、バラード中心っぽい感じでした。


ドラム&ベースも一緒に演奏する場合は、正直ギターの伴奏はあまり必要ないと感じます。
ピアノを弾く方によってはギターの伴奏を嫌がる方もいるはずです。
しかしながら、デュオだとランニング等のビートも2人で出すことになるんだけど。
そんな意味で、この数年はピアノorギターのデュオでかなり鍛えて頂いたことになる。
鍵盤&弦楽器デュオの場合のベース的役割についてS君と話す。


・私的な反省点


1.速い4beatであればそれなりに雰囲気が出る、しかしバースの掛け合いのときのスムーズさに欠ける
2.たまーにデュオの「スカスカ感」が出る(ローが感じられない)
3.バラード&3/4でのベースライン考察
4.伴奏に単音を乗せるのではなく、単音に伴奏を付けるイメージ(バラードでのモタリ感)
5.ターンバックでのベースラインはもっと遊んだほうが良いのかも
6.「Alice in Wonderland 」などのリード、もっとファニーな感じ、バップでなく
7.アドリブの洗練された終わり方&デュオの場合は余裕を持って渡す

2月は某店でギターデュオの予定がありますが、
まだまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだまだ演奏が足りません。



※以前からHP作成と言いつつ、ようやく完成…後日アップしまふ。










2009.01.18 6/8......。
コニチワラヲモツカムオモイデス。


昨日はお酒を嗜みつつ、F氏と楽器を弾く。
新しい数曲を決めて、弾きながらキメやリズムの考察をしました。

・Spain(チック・コリア)
・Feel Like Makin' Love(ロバータ・フラック等)
・風の通り道(久石譲→ジブリ)

                      などなど。

弾いた弾いた、指が痛いくらいでした。
「スペイン」のキメの部分もすっかり忘れておりました。
以前にコピーしたのが小曽根真&渡辺香津美の名盤「ダンディズム」のスペインのキメ…
オリジナルのキメに合う訳が無く、再度運指の練習でごわす。

「風の通り道」を6/8でやろうということになり、早速やってみる。
ギター2本だと自分が伴奏のときも面白い。
しかし、6/8のベース&伴奏を弾くのが大変…良いラインが出てきません。
気が付けば完全に3/4になっていて注意注意だ。
ジブリの曲も、もっともっと増やしたい。(僕はラピュタが好きです)

そして、今日はTUTAYAで本を買う。

2009.

この絵に惚れた…笑
歌本が一家に一冊あれば楽しいですし、何かと便利ですね。
普通は歌詞の上にコード表記のみなのですが、この本は五線譜でメロまで書かれております。

最近、何の曲をどんな風にやりたいのか分かりません。
バップの練習もしたいと思う反面、ソロギターの練習や歌モノの練習&作曲もしたいと。
色々とやりたいことが盛り沢山で、どれも中途半端にならないように気を付けねば。


風の通り道


2009.01.14 New......。
コニチワンプッシュ白髪染め。 笑


昨日、楽器に触れていると5歳になる娘が歌い出しまして、驚きました。

「赤いスイトピー」 笑

朝の連続ドラマかなんかでやってたみたいですね。
後ろの歌詞を書いて!と言うので、ひらがなでノートに書いて。
ご丁寧に歌のキーまで合わせちゃって。 笑
しかも、1番と2番を分けて一緒に歌ってみたり。
意外に楽しいものです、子供と一緒に音楽で遊ぶのも。

曲も作っている最中、やることが沢山あって楽しいかも。


閑話休題。


練習不足である。
1人でスタジオに入って弾きたいくらいだ。
コニチワンタン麺。


来ました、来ました。


G1.

G2.


久しぶりの鉄弦の感触…ボディは極薄の塗装みたいです。
ネックが想像以上に握りやすい、細すぎるくらいなんだけど。



実はmorris…笑(知る人ぞ知る、S-71)

何で?何で?モーリスなん??と友人にも聞かれましたが。 笑
確かに、Cole ClarkやTaylor、 Larivee&国産Takamineなどの中古も検討しましたが。
まぁ、まぁ、この辺で使っている人はあまり居ないのかなーと思いまして。


でも、結構ナイスな仕事してますよモーリス。(以前も持っておりました)
初心者フォークギター的な位置付けと、低価格帯なイメージが否めない感じもしますが。
実は細かいディテールも良く、無駄な装飾のないSシリーズが狙い目だったんですね。

PUはB-BANDのプリ&ピエゾ。

G3.

この会社も以前から気になっておりました。

HIGHLANDERやFISHMAN、BARCUS BERRY にL.R.BAGGS等々は経験済みですが、
このB-BANDについては一切分かりませんでした、何事も経験でしょうか。
出力が思いのほか弱く、繊細な感じでしょうか。
指弾き重点で作られているためか、生の鳴りはデカいです。


練習練習。
爪切ったし、弾くで弾くでーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!


2009.01.12 G....。
コニチワダアッコ。

日付が変わり、今日になりました。
待ち遠しい…待ち遠しい、本日届きます。

ちゃんと練習しなきゃな。

スタジオに入るときに、
LINE6のPOD一個とケーブルをスーパーのレジ袋に入れて行くようじゃ、手抜きって言われる。 笑
セットも早く、ラインで鳴らして撤収も早い。(お気楽セット②)

閑話休題。

以前に、飲食店のサラウンドシステムに繋いで弾いたことがあった。
DVDを見るために置いてあったと思うんだけど、不思議と好みの音だった。 笑

31

よく家電店で見るこんな感じのですね。
店内のどこにいても聞こえるし、ふんわりと優しい感じでした。
真ん中にプロジェクターで映像を写してその脇で演奏してみたいですね、面白いかもしれません。


また雪です、大雪。
冬は、冬らしいほうが好きです…この曲のリズムも好きです。








2009.01.11 Acoustic....。
コニチワンダ。

スーパーでビールもどきが93円、MADE IN 韓国。
試しに1缶買って飲んでみる…韓国の味だ…行ったこともないけど。 笑


ふと、思った。
organic-jazzってblogの名前にしておいて、最近jazzには触れてないのは駄目かも。 笑


よくギターでデュオをするんですが、
「何やる??」って話になったとき、そのときに必ずお願いするのが「Moonglow」だ。
この曲のテーマをE♭/E♭m/Gm/C7~と弾いてるんだけど、この部分が好きだ。
マタ~リとした雰囲気は、先日のボジョレーパーティーみたいなのに最適な感じがする。
どうしてもギター2人だと、ギターバトルっぽくなってしまいそうだけど、
こういうシンプルな曲って、とてもジェントル&多くを語らずな感じがして好きだ。
進行はポップな感じもするんだけど、ちょいと強引に反れてみてもカッコいい気もする。


スタンダードは好きです。
メロディーも素晴らしい曲が沢山ありますね。
そのメロディーの弾き方であったり、伴奏の味付けであったり、練習のお供です。
あー…弾きたい弾きたい。







2009.01.09 (-.-;)...。
コニチワンギリ。

余分な機材を売っています、それは入れ替えのため。

また、予算外の買い物をしてしまった…涙
まぁ、まぁ…欲しいから買ったんですけど。
購入を諦め切れないということは、そういうことだ。
遅かれ早かれ、見つければ買う。 笑
そのとき購入を挫折しても、似たようなモノがあれば買っちゃう訳だ。(私だけ…?)
別に消費大王という訳ではありません、質素に日々生活を楽しんでますが。
数年に一度だけ訪れるオリンピック並みの奇跡。

ギターやピアノデュオ&独奏&伴奏等々、やりたいことが多すぎて困る。

いつまでたっても、これじゃアンプまで購入できません。
アンプ買え!って話ですよね、本当に。
(まぁ、スタジオ&会場やお店には置いてあるし…それ使えばいいかと…ラインでもいいし…)

もうギターは買わない!と決めたのに…お酒も少し控えようかぁ…。





2009.01.05 kiss.
コニチワンコインランチ。

仕事初めだと気合を入れて会社へ行くが、誰も来ず…
仕事初めは明日でした…1日早く出社…やっちまったなぁ。

新年ですね、今年も頑張りましょう。
音楽に関しても充実した1年になればいいなーと感じます。

最近、特に正月は楽器に触れるのを控えておりました。
これと言って意味は無いのですが、久しぶりに触れると新鮮で逆に楽しいです。
久々にRyochinと一緒に弾いたのですが、Fを押さえて弾いて指がつりました。 笑


先日、mixiの知人の方からメールを頂きました。
今度、機会があったら是非やりたいですねー。
文章の中にあったこの曲、僕も好きな曲ですよ。

子供を保育園に迎えに行く前に、ユルユル~なデモ作ってみました。
とりあえず3つ作成したのですが、一番ユルユルな感じがこれでした。
1時間弱しか無くて、音源そのまま&終わり方適当ですがお許しを。


接吻。


2009.01.01 新年。
コニチワッショイ。

あけました。 笑
今年もよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。