上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.31 nardis.
コニチワ。
久しぶ。

本日はお茶をした。
よくデュオをやるS君とだ。
秋田から仕事の都合で何日かこちらにいるみたい。
演奏をしたかったんだけど、喫茶店も休み。
次回に演奏は持ち越しか。

互いに即興の話をする。
普段はあまり理論的な話や、哲学的な話はしない。
考え方は自由だと思うし、それによって賛否両論もあるし。

しかしながら、彼とはよく即興の話をする。
マニアックな話や、妄想の話など。 笑
4度和音やオーギュメント、モードやUST等々、
イントロやエンディング、アウト等々。
こうした会話や情報交換は貴重だと感じる、和音同士だから尚のこと。
理論的な話や構成等々、こういう会話は遠慮される場合が多い。
和音同士、デュオの場合は密な話で楽しみが増すと感じる。

私的、どっぷりのビバップから脱したいと考える。
それもあって、ガットに手を出したのかも。
読譜と写譜、鍛えなければなりませぬ。
スタンダードでも洗練された演奏をしたいと思うんだけど…

独奏もそうだ。
和音楽器の一員…ギター弾きの憧れだ。

以前に彼とNARDISを弾いた。
私的に好みだった。
サビの部分とかユニゾンしたりと。
もう一度やりたいと思っているんだけど、
日曜はどこも休みで出来ませんでした…笑


NARDIS.








スポンサーサイト
2008.03.21 ooooooooooooooooo.
コニチワ。

ドイツのWIMA社、
このコンデンサが、僕の中でお洒落泥棒だ。

http://www.wima.com/en_index.php


今日はozzy-sun様とアドリブの話をしてきた。

中2の頃にハウリン・ウルフ&ジェフ・ベックを聞いて、
BLUESのアドリブは嘘嘘ブルー・ノートで弾いてた記憶がある。
と同時に、
JAZZのアドリブはジャンゴ・ラインハルトのIN A SENTIMENTAL MOODが最初だ。
今で言う、DeAGOSTINIみたいな毎月発行のCD付きの本。
ご丁寧にIN A SENTIMENTAL MOODの楽譜まで書かれておりました。
コード表記が省略されていて(例:DΦとかD△7など)中坊の僕はコード読めず…
調べてもコードブックには載ってないですよね、省略系は。
今でもテープの音源が残っていますが、聴けない聴けない。

BLUES&JAZZに限らずどんなジャンルでも、
誰かと一緒に弾くときは、そんな積み重ねが元ネタなのかも知れない。
想像力がもっと豊かであればいいんだけど、珈琲&煙草が脳ミソに効いてる。

車中では、最近音楽を聴いていない。
以前は音楽のない車中は卵を産まない鶏の如く、物足りなさを感じていたけど。
こうして高校の友人とかは、
音楽から離れていったのかなと思えば、何となく分かる気がする。
物足りなさを感じなくなると言うか、気にしなくなると言うか。

やっべー
練習しないと。
仕事にやっつけられた後とか弾いて、「楽しー!」って思わないと、指が動かなくなる。






2008.03.19 ago.
コニチワ。

何気なくリンクしている「今までの記事」、
遥か昔の、引っ越す前のブログであります。

昔→http://organic.btblog.jp/

んで、現在→http://organicjazz.blog74.fc2.com/

昔のブログを見てみると、好き放題書いているっぽい。 笑
意外にびっくりなのが、アクセスカウンター。
全く更新されてないのに、訪問数が多いときがある。
「organic」って検索して、何気なくポチっと押したのかも知れないけど。



私生活&楽器もそうだけど、
日々、成長…できたらいいなぁ…と考える最近。
楽器の腕なんて、もう僕の年齢では上達するハズがないと確信。
まして、仕事の日々…触れなきゃ上達は皆無だし。

こうなったら「味」で勝負か…。
勝負おパンツに「味」と書こうか。(味王…)

いやらすぅぃ~フレーズとか弾ければいいのに、
そんなときに限って、フレーズは淡白なのだ。

指で弾いてると上手くなった気がするし、
音質も決まってくると、つい安心してしまうッス。
それが、イケナイのかも…。

探求&追求&オバQでなければイケナイ。

昔、購入した「ホールトーンで弾くJAZZネタ」の本を引っ張り出して、
再度読みながら、蜘蛛の巣みたいに見える指板と格闘ッス。

自分自身に「喝」を入れて、
耳を鍛えなければ…と考える本日であります。











2008.03.12 Round Midnight.
コニチワ。

喉の調子は、段々と良くなってきた。
これで、味噌&とんこつ系でもOKッス。

先日、スタジオでラインにてガットを弾いた。
恐るべしコム・ピエゾ…あの価格で音がいい。 笑
音次第でコンプ購入も考えていたんだけど、
何も足さない、何も引かないほうが逆に良いのかも知れない。

cole様から今週生演奏のお話がありましたが、
体調不良&メンバー見つからずで断念。
体調はどうにでもなるけど、ギター1本独奏で場を持たせるのは聴く人が苦痛だ。
次回は誰かと是非参加したいッス。


いきなりですが、
僕が本を書く人だったら、

「サラッとした感じで弾ける曲集~ホテルのラウンジ編~」 さわやか

「ドロッとした感じで弾ける曲集~北国の居酒屋編~」 コテコテ

「ギラッとした感じで弾ける曲集~キャバクラ編~」 エロティカル

「イラッとした感じで弾ける曲集~赤の他人の結婚式編~」 意味不明

こういう楽譜集を発行したいと…笑
需要は多いはず…多分。

Round Midnightも暗いジメジメしたイメージの曲だった、前述の「ドロッ系」
刻みを変えようと思っていたんだけど、先にやってる人いたんですね…残念。







2008.03.10 ↓.
コニチワ。

三日前から体調不良…熱がありつつも仕事へ。
夜はガタガタ震えるし、喉は痛いし、
当初、インフルかとも推測したのであります。
家族のうちで予防接種を受けてないのは僕一人。(除外)
昨夜の夜の段階で熱は38度を行ったり来たり。
喉の痛みも最高潮で、重い腰を上げて救急外来へ。

熱を測って、看護士さんへ渡す。
体温計をチラ見したら、

39.8℃

どうせなら、ジャスト40で渡したかったなーと考える。

インフルではなかったけど、
喉が膿んでる様子。(汚ねー)
確かに、かなり痛いのだ。
この三日間はほとんど食べてないし。(ウイダーinゼリー重宝します)
今日は仕事を休んだけど、
明日は仕事をしなきゃいけないか…
数日は熱下がらないみたいなので、熱と痛みと格闘します。
2008.03.03 Live.
コニチワ。

先日も観賞。
生JAZZに浸る。


tube.




数年前に会った、ドラムのK君。
今ではBrian Blade/Antonio Sanchezのようでした。
県内において、私的に今まで見た中で最高ですな。

選曲もGOODでした。
スタンダード系ばかりでなく、
現代的な曲も。

僕が好きな曲で、「Wayne's Thang 」を演奏したのには驚き。

個人的に練習さねば…と痛感した1日でございました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。