上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.31 PIEZO.
コニチワ。

散々、悩んだ末に導き出した答えは…コレ(お財布に優しい)

TYPE3ってのが気になる…(ロボット的)
実に待ち遠しい限り。
どんな音がするんでしょうね。

今回は貼りピエゾを選択。
ブリッジの下に敷くピエゾではないのです。
何故か…
近年は貼りピエゾが注目されているとの噂…(本当?)
貼る位置によっても音質が違います、試行錯誤でしょうね。
当然のことながら、ピエゾ1つで満足の音がでるとは思ってもいません。
何かしらの対策も必要ッス。

エレキの音も奥深いですが、
生モノの音も実に奥深いと考えます。
よく、
「ブリッジピエゾにコンデンサマイクでブレンド」とか、
「2系統で信号を分けてブレンド」なんて聞きますけど、
贅沢の極みッス。(羨ましい)

キーワードは「持ち替え」
アコとエレキを使う場合は、大抵の場合アンプを分けるかアコがラインだと感じます。
それを、ジャズ子でどうにか使い分け出来ないかと固執。 笑
問題はレベルの違いやEQの違い等々…
楽しくなって参りました。 笑
スポンサーサイト
2007.10.30 PU.
コニチワ。

先日購入したガットのPUを考える。
ブリッジ・ピエゾもいいんだけど、
どれに付けても同じ音になるような気がしてしまう。
数種類考えたい。

SHADOWも気になる。
FISHMANも気になる。

意外に説得力が大きいコレも気になる。(不思議だ)

コンデンサーマイク内蔵も考えるが、断念。
マッキンタイアーもよさげだけど、
SHADOWに軍配が上がる予感。

お財布に優しく、
優等生っぽくないのが理由だ。(意味不明)

イン・ブリッジのピエゾの場合とか、
別途プリが必要だ。
アコはアコで金がかかる。

ギターも幸い順調。
先日ブリッジを多少削り、理想のテンション&弦高に変更。
若干高めにセットした。

あとはPUのみ…
普通ので十分なんだけど。 笑
2007.10.26 {'-'}V
コニチワ。


antnio2.



Antonio Sanchez…1日遅れで昨日到着。
この単純なロゼッタが心をくすぐる。


antnio.



いい女は男を待たせる、
同様にスペインの彼女も待たせるのが上手でありました。(意味不明)


中身のラベルが異国の香り。


antnio3.



ネックの握りは国産と若干違う感じもします。
個性的な感じでしょうか。

今は弦高も若干高め。
クラシカルな感じでは普通の高さ。
私的には気にならない程度、このままでOKかも。

音はやはり、立ち上がり強し。
丸い感じはあまりしません。

ときには渋谷毅&廣木光一のデュオのように、
ときにはバーデンパウエルやラルフ・タウナーの如く…(まず無理)

意気揚々、鼻穴だけが開きます。(意味不明)

PUマウントをどうしようか…悩みます。
穴を開けるのが心苦しいのです。
しかしながら、スペインの彼女…
最初に開ける穴は私でございます。(超意味不明)

フルサイズのギターに慣れるのには多少時間が掛かります、
ちょこちょこ触れて慣れるしかないですね。








2007.10.23 comp+EQ=('-')v
EQ.



コニチワ。

鳴らない鳴らないと、
気付いた失敗、
抵抗のK抜け。

               yuya

抵抗のKが抜けて220Ωと470Ωを繋げて試行錯誤してました。(注文の際の致命的ミス)
DALEの抵抗はカラーコードでなく数字表記…
気にもしておりませんでした。
幸いストックしていたDALE抵抗、即座に入れ替えて完成。

EQのみだとつまらない感じだったので、
Dan armstrongのORANGE SQUEEZERを挟む。
メタル缶ICのモノを解体。
チャージポンプICも手元にあったので、
9V→約17Vに昇圧。
ギュウギュウになりました。

ノブの注文を忘れて、地元のラジオ店へ。
メタルのノブを買うのは良いが、
家へ帰って気付く…径が合わなくて入りません。(購入の際の致命的ミス)
電ドリで径を広げようと試みる。
メタルノブにやっつけられました。

私的、
スタジオ等でJCを使うことが多い。(好き嫌いは別として)
しかしながら、ギターアンプという気がしない。
アンプのEQも冷たい感じがするのであります。
どちらかというと、トレブリーな印象。(パンチやローは期待しません)
なにか良い方法は…
ということで、この箱を作成。
音出しが楽しみッス。

明日、
ガットが届く予定。
PUはMcIntyre Acoustic Featherで考えたい。
外付けのプリも、今回の箱を兼用で使えないものかと思案。
試してみる価値ありかも。
ペダルボードの内容が今ひとつ不安定だ。
休日にでも見直そうか。

ドキドキ、
ワクワク、
ワンダーランド。

2007.10.21 Antonio Sanchez.
コニチワ。

Antonio Sanchez。
祝・購入。
しかも、お財布に優しかった。

以前から狙っていた獲物。
毎晩リサーチした甲斐がありました。

家で爪弾く程度や、
デュオ等&ラテン&ボッサの場合とか、
期待してしまいます。

立ち上がり速そうな印象。
実際はどうなんでしょうか。

自作モノも明日で仕上げ。
兼ね合いも考えます。
甘めでアタック強が希望が丘。

やはり、練習。
試行錯誤。
ソリッドとの持ち替えの場合の音量差や、
バランスをどうしようか考慮中。

まだまだ、
やること沢山あります。


2007.10.19 1.2.3.
コニチワ。

EQ.


久しぶりに、しっかり半田ゴテ。
楽器の修理はしてるけど、
まともに持つのは久しぶりッス。

最近ストラトを持ったのですが、
ハーフの音や、質がイマイチ…
単音の場合とか1~2弦が貧弱に感じます。(寄せ集めギターッスから…)

問題解決となる何か…
ネットを徘徊。

それより先に、冒険。
2007.10.17 { '-'}b
コニチワ。

昨日見た、とある高校の番組。
飛躍的に大学進学率が伸びたらしい。
その校長の曰く、

「やるべき時に、やるべき場所にいて、やるべき事をする」

名言だ。 
その通り。
肝に銘じて仕事に打ち込む。(さっさと5時で帰る同僚の方々に伝えたい)


先日注文した部品が届いた様子。
しかしながら、帰れず。
気が付くと、
帰りたいと願ってた時間を過ぎているし。

僕よりも遅い同僚もいることだから、
それ位は別に構わないけど。


あー…
こういうときに限って弾きたい。


2007.10.14 EQ.
コニチワ。

タイトルはEQであります。
私的、EQ具合って難しいのでございます。

EQに留まらず、
音のパンチと言いますか、
例えばFENDERの場合や1VOLアンプ、環境によってVOL低めやジャズ子の場合、
期待できないYAMAHAなんかの場合とか、悩ましいッス。

実にCLEAN過ぎる場合と言いますか、
ギターアンプ寄りでなく、塊PA的な音に聴こえてしまう場合など。
パンチに欠けることしばしば…。
出力不足や綺麗過ぎる場合等々…。

BOOSTERで捻り上げるという手もありますが、
フルレンジと言いつつ、変わりますね、やっぱり。
パンチのある音にBOOSTは効くと思いますが、
パンチの無い音にBOOSTを噛ましても、実に痛々しいと感じます。
それは、ニュアンスとは感じません。
CLEANBOOSTも音量上げ+ニュアンス増大では勿体無い感じがします。

ふと、考える。
軽い刻み、リフ等には音の細さも効果絶大と思いますが、
単音では音は太いほどいい。
まして、
歪みを噛ませる感じであれば、
元の音はパンチが効いてて欲しいと。
何と言いますか…パンチのあるCLEANと無いCLEAN。
歪が乗る音、乗らない音、
パンチがある音って多少弾きづらいとは思いますが。

この中に「VINTAGE TONE」という記事が。
FENDERや古きマー者ルのEQのような解説が記載されております。
以前にデモで製作しましたが、
音は忘れていくもの…記憶がございません。(アホ)

EQ


部品注文。
期待はしておりませんが。 笑

以前、知人から見せてもらったヒュー万ギアの某ペダルはラグ板でした。
それ同様に出来ないものかと。
アンプ的な要素は期待していませんが、
純粋なペダルプリ感覚で使えないものかと。
音を張らせて、EQで調整…
一口にGAINってのも、
踏み踏みDRIVE的GAINなのか、音響的GAINなのか不明ッス。

日進月歩。
「スタートと思った時には、もう足が出ている」とよく言いますが、
出た足が靴を履いてないって状況もしばしば…(フライング以下)

パンチのある音を欲する衝動に駆られます。
コニチワ。

ギターそっちのけで、こんなものやっている僕。
僕のは初期のモノですが。

いやぁ…
駄目なんだよなぁ…
戦時中なんかのムーゲーとか、一瞬で落とし穴に落ちます。

それとは別に、
最近は仕事→眠る→仕事→眠る…最悪の連鎖。
楽しみも皆無。

今日は休日だったんだけど、いきなりの出勤。
明日は久しぶりの休日。

明日の予定。(誰も興味ないっつーの)

1.やり残しの仕事
2.ムーゲー
3.ギターを触る
4.足元ペダルのパーツを見る
5.耳掃除&物置の掃除&風呂洗い&爪切り&鼻毛切り

以上。
全てmustであります。
特に5番はmustであります。

今、blogを打っている(on会社)僕の席の正面に、

『手に入れよう、健康な心とからだ』との標語。

心も体も不健康。
ファミレスでメロンソーダ(不健康ソーダ)をたまに飲みたくなる衝動…
この時点でoutなのかしら。

以前、駄菓子で飯を食ったことがある。(うまい棒)
その勇気ある行動がKing of 不健康なのか。

よく、
チョコの表現や料理の表現に「口当たりの良い…」などの表現があるけど、
今欲しいのは、
口当たりより「耳当たりの良い音楽」であります。






2007.10.02 10/1.
コニチワ。
10月1日で残念なことに29になってしまいました…。
最近、体が重く感じます。

オークションにて自分に誕生日プレゼントを考える…(自分にね)
鼻と胸が膨らむ。 笑

う~む…
自分自身で何が欲しいのかも理解できてない気が。
でも「欲しい欲しい病」が再発の兆し…
発作とロマンテックが止まらない。(C-C-B)

次々と落札されていく様子に、
歯痒いのよ、その入札。(STOP!ザ・入札)

自分が「落ちるな…」と踏んだ金額まで上昇して、
落札されるのを見て、心の中で「ビンゴ!」と叫ぶ…(入札せいゃ!)

自分が入札してないのに、
何故かカウントダウンするこの気持ち。
歯痒い…歯痒い…歯痒い口ぶる。(高橋真梨子)

自分を痛めつける塩梅が微妙に心地よいのも事実。
見なきゃいいのに、そんなときに限って欲しいのがあったり。
我慢ッス!でも限界ッス!押忍!(意味不明)

SEXYなVOICEに癒されて眠るか。
この曲、好きなんだよなぁ…
綺麗なメロディーラインにボディーライン…
美しい歌声に、美しい美貌…
こういうバックバンドに憧れを抱きつつ。

ごっつぁんッス!(意味不明)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。