上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.05.30 戯言。
コニチワ。
最近仕事が忙しくギターに触っておりません。

閑話休題。
本日の戯言。

今日は遠方へ仕事で出かけて参りました。
あれは昼時…昼食を食べたいと考えつつ辺りは山。
車で走っていると「食堂」の看板が目に入る。
どうやら、古い温泉宿の様子…表には「食堂」って書いてる。
「昼食だけですが、宜しいですか?」と声を掛けて中に入る。
「こちらです、どうぞ」と導かれて温泉宿の食堂へ案内される。

よく考えると時刻は2時。
昼食の時間は世間時間では終了していたのでしょう。
厨房ではバタバタとおばちゃんが焦っている様子。
お品書きの何が特製か不明な「特製ラーメン」を注文…
宿には数人のお客さんも宿泊している様子だった。
食堂の中を見渡すと、気になる文字を発見。


「        始めました。」


何を…始めたのかしら…(汗)

今の時期…
冷やし中華か…と考えてみるが、お品書きには「冷やし中華」とある。
では、一体何を始めたのか…聞く勇気もない。
だって、ここは見ず知らずの山の温泉宿。
勝手な妄想に浸る。


妄想:1



「ビリーズブートキャンプ始めました」




おいおい…おばちゃん、踊らないでくれ。


妄想:2



「生え際の育毛始めました」




公表しちゃったよ…


妄想:3



「みのさんの追っかけ始めました」



どうぞどうぞ…


と妄想して含み笑いをしていると「特製ラーメン」到着。
小鉢と漬物が付いて、おばちゃんが一言。

デカイ炊飯器を空けながら、

「ご飯は好きなだけどうぞ」



…。


「ご飯好きなだけ始めました」


笑。
スポンサーサイト
2007.05.24
CDショップへ行く。
昨日書いた上原ひろみのアルバムが新譜1位のコーナーに…(微妙な気分…)
1枚置いてあったので、とりあえず他の棚に隠す。 笑
お給料が入ったら即効購入のゴールをキメる覚悟っス。

実はこの曲、1曲の為に購入しようと以前から考えておりました。
単純にメロディーが好きな感じだったし。
ギターを聴きたいってよりも、純粋にピアノを聴きたい。
私的、いらない固定観念や感情を捨てて聴いてみたいと。
このバンドの形態やピアノ演奏には賛否両論はあるらしいけど。
自分が好きな音楽はどれでも好きっス、自分の為に音楽を聴く。

ゆったりとしたパッセージに癒しを求めるのもアリだけど、
ビー玉を階段から投げたようなパッセージに癒しを求める感覚。
技術的なことではなく、表現&行動って意味っス。
メロディー自体が癒しを与えてくれるのであれば、
ギターの音やフレーズ、音の数なんて重要ではないと感じます。

世の中に素晴らしい曲って、どれだけあるんでしょうか。
僕が聴いてる音楽なんて、ほんとに一部…
音楽に触れて、2500円のアルバム1枚で3ヶ月は幸せを感じます。 笑

4分07秒からの湧き上がり。
音楽の立体的な奥行きと広がり。
私的、カラフルに感じます。
早く買わなきゃ…笑





2007.05.23 PURE.
今日こそは上原ひろみの新譜を買おうと思っていたんだけど…。
仕事に痛めつけられて買い逃す。
ここ2~3日の間には買いたいな…と。

参加しているギター弾きのDavid Fiuczynski

FUZE


以外に好きな感じ。
足元にはTSとTONELABかな。
もっと変態的な感じのギターかと想像していたんだけど、
こりゃ、好きだ。
多分、このアルバムのほとんどの曲は僕好みかなぁ…と推測。

それ以上に上原ひろみのピアノ。
数年前に放映されたドキュメンタリー&ビールのCMで日本で火が付いた感がある。
それ以前から影ながら話題になっていたんだけど。
海外のフェス参加や連弾なんかでも、
相手を凌ぐ勢いは完全に日本人離れしていると感じる。

毎回のアルバムの挑戦的&実験的な感じは驚きだと思う。
今までの作品も好きな曲は多いっス。
音大ではDavid Fiuczynskiの講義を受けていたらしい。
当初は微妙な組み合わせだなぁ…と思っていた。
第一、生ピアノに歪みってどうなんだろう…と思っていたし。
日本にもPALADOXとかっていう生ピアノ+歪みギターのバンドもあったけど…
99%のピアノ弾きは、ギター弾きが歪ませるとドン引きだと思う…笑
「ゴギャーっての、ヤメテくれない??」みたいな。
でも、私的にウッドベース+フルアコ形態みたいなJAZZも耳に慣れてきた頃。

厳密に言えば、こういう曲はJAZZではないのかも知れませんが。
ビバップやスウィングも、それはそれで好きです。

しかし、アルバムの曲は彼女が書いているのか…(凄い…)
ダイナミクス爆発、
一曲の中で針の振れが大きい曲って大好きっス。
ベースのTony Greyも好きなツボを刺してきます。

どっかの公開ライブなんでしょうけど、
どのギグも好きで、どの曲にしようか…。


私的、2分06秒からのピアノソロは絶品と感じます。
ミニマム&マクロな感じと、ソウルフルな感じ…
多分、僕はこの人の鍵盤への表情豊かなタッチが好きなんですね。
とりあえず、今日はFUNKYな気分でハイッ!!!




2007.05.21 Old-Ⅲ
コニチワ。
フガフガ。

今回はコイツ。

90


90-1


ご存知「90」っス。
ROCK良しFUNK良し、アルペジオも良しっス。
ツマミ1つってことで、まさに「漢(男)」仕様。
未だにフェイザーっていうと、これが人気みたいっス。
基盤には怪しげなマレーシアと書かれているIC…
妄想具合も実にウネウネしております。 笑

音はといいますと、フェイザーっス…笑(コメントのしようがございません…)

当時のMXRって高品質な感じを狙っていたのかと推測。(当時は超高級品)
MICROCHORUS等の揺れモノも個人的に好きな感じっス。
しかしながら、個体差といいますか年代によって仕様やペイントも違うように感じます。
高2の頃に買ったPHASE90と19のときに知人から貰ったPHASE90、
音の質感は揺れモノ系っスから若干の差はあると推測できますが、
数年の違いで明らかに「PHASE90」の文字の太さや塗料の質感まで違う感じ。

それに例のゴムのツマミカバー。
足で効き具合を調節するための「踏んでも良しキャップ」っス。
ゴムを踏んで足を左右にクイック…(ツイスト風)
僕の場合、足を支点にエフェクトボードを回ります。 笑
2007.05.19 Old-Ⅱ
コニチワ。

前回のORANGEに続いてコレ。

dyna


dyna2


中期モデルと思われます。
俗称、LED無しのブロックロゴってことらしいっス。

中身の部品等々は現在でも入手可能なモノだと推測。
でも、各ツマミの効き具合は個体差がある様子です。
「効き」に関しては、あの音っス。(パコパコ)
コンプONクリーンで一聴して癖が分かるのは素晴らしい個性と感じます。
独特なレンジなのでしょうか。
ORANGEと比べると音の輪郭&ヌケ等々は劣りますが、
有り余るコンプ感は「王道」って印象っス。

唯一の問題点は…ノイズ。
コンプを使用する方々ってシングル系の方が多いのではないでしょうか。
他の踏み箱に比べてノイズも効きます。 笑
ハム等での使用なんかだと気持ちは楽になりますが。
(でもハムのコンプって別モノですよね…)

一時期に流行の「DYNA+OD-1」や「ORANGE+OD-1」などのソフトサウンド。
コンプ自体がBOOST的な効きなのでしょうか。
OD系でBOOSTも好きですが、コンプでのBOOSTも好きな感じ。
私的、クリーン系BOOST・OD系BOOST・コンプBOOSTの三種使い分けも好きっス。

FENDER系の音やOLDスタイル1VOLのAMP等々には効果的かと推測。
僕自身は「コンプ=圧縮・持ち上げ・頭揃え」という感覚ではなく、
クリーンBOOSTERに近い感覚で捉えております。

よく「ファンキーな曲にはコンプでカッティング」などの文章を見ますが、
逆にオープンチューニングや開放弦を織り込んだ和音等はコンプの魅力全開っス。

アーム付きSTのフロント+ミドルのハーフ・トーンに、
コンプと浅いコーラス&長めのディレイ…
SUS4系コードでアームダウンして弾きながらアームを戻すと、あら不思議。
往年のTOTO系FUSIONサウンドの出来上がり。 笑
2007.05.16 Old.
コニチワ。
久しぶりの更新。

知人のozzy-sun様がパーツを購入するとのことで、
便乗して僕もリキッドの部品注文しようと企んでいます。

実はDan armstrongのORANGE SQUEEZER2台目を製作しようか考えてました。
それというのも、
MDとかっていう韓国の会社の同型のFUZZを数年前に入手、
んで別に移植した後にアルミ箱だけが余っておりました。
本物そっくりのORANGE SQUEEZER狙いだったのですが、状況は一変…

今日の朝にギターの先輩であるF氏に何気なくメールをする。

Y「ORANGE SQUEEZERってもしかしてあります??」
F「あるよ、持って行きなー」

早速向かう。

Y「あった~!貸して下さい~」
F「他にも昔買ったの色々あるから、売ってきてよ。」
Y「売るんスか…へ…?…う??」
F「5000円位にでもなるかなぁ…ガサっ…ゴソっ…とりあえず、これ、これ…」
Y「アワヮ…まさか…」

って渡されてきたのが希少価値の高い数個の踏み踏みマジック箱。


んで…
本日は…失礼ながらORANGE SQUEEZERを…斬る!! 笑  

    

一般的にコンプ使用者の割合ではDYNAが多いような気がします。
多分、100人アンケートを採れば97人はORANGE SQUEEZER以外を選ぶと思われます。

ORANGE SQUEEZERを選ぶ3人は音楽の背景も見えてきそうな予感。
高中&リー・リトナー&お洒落泥棒セミアコ系でしょうか。

私的、コンプ&BOOST的要素もアリなのかなぁ…と推測。
OUTPUTがガツン!と来る感じがあります。

ある意味、ワン&オンリーなORANGE。

or


or2



この時代の基盤裏は時代を感じさせ、安心を与えてくれます。 笑

or3


いい相撲をとります。(のこった~のこった~♪)意味不明

一般的オペアンプのORANGE SQUEEZERは経験済みでしたが、これは初めてのチュウ。
ICがまるでタコのようで愛嬌があります。
シングルはDYNA系、勇気あるものハムではORANGEってのが世論一般的ではないでしょうか。笑

この時代のコンプ関係はノイズの問題もあると推測。
「音を変える箱」全盛期ってことで、効果もノイズも大味なのでしょうか。
ORANGEは一部にセラミック&抵抗を挟めばノイズ・歪み軽減とのこと。
ダイオードも意味不明??なモノが付いているし…

気になるこのIC…
ハイがいかにもキンキン伸びそうな印象&妄想。
クリーンも当然のことながら、
歪ませてびっくり、リアルな弦の音と引き締まったロー、曇りません。
未だ愛用者が多いことも納得っス。(スティーリー・ダン御一行様他)
コンプらしさはハム機のほうが出ます、独特なレンジの感覚っス。

この部品の少なさ故の使用感、この容姿だから需要が少ないのか…笑
今時の20代未満のギターに付けたら笑われそうな勢いなのか…


名前が「ORANGE SQUEEZER」ってことで、動作通りナイスなネーミング。
LEMONでもなくBANANAでもなくORANGE。
日本的な「みかん」でなく完全に「ORANGE」っス。
2007.05.12 clean.
コニチワ。
足の痺れに負けず、
いつまで痺れに耐えれるか、足は崩さないでパソコンに向かいます。 笑


今日は以前から計画しておりました、BOSSのCS-3を改造しました。
リンク先の塵屋敷様から教えて頂きました貴重な情報。
僕の人生も圧縮してはくれませぬか…笑

1uFのフィルムコン6つが無く、地元パーツ店にて探す。
「これならあるんだけどねー」と店主。
BPコンを入手…。
一応、指定パーツはフィルムコンなんだけど…笑

確かにレンジは広くノイズは少なめ、ローがタップリと出る感じっス。
状況に合わせて使い分ける楽しみが増えてきますね。(数少ない状況ですが…)
どんどんエフェクティブになりつつあります。
揺らぎ系も駆使して一人で遊んでいる最近の僕…ゴールはございません。

次回は待望のリキッド。
久々に頭を回転させなきゃなりませぬ。(若葉マークっス)


なにげなくYOUTUBEを見ていると、好きなMichael Landau が。
この人の弾き方って好きだなぁ…
歪んだSTを指で弾くってのもカッコいい気がする。
何よりもVOLを絞った感じのセピアな音が素晴らしいっス。
歪んでいても分離する音って、出すの難しいなぁ…
背後にはCAEのヘッドが…(高価…涙)
最近のOD&DIST系は音の塊ってよりも分離型っぽいペダルが多い気がするのは、
僕だけでしょうか…
しっかり弾かないと荒が目立つようなペダルが多いのでしょうか…
右手さんは苦労します。(頑張れ右手)

映像の2分48秒で流れる小技…これ習得したいっス…笑






2007.05.09 J-POP.
コニチワ。
仕事が始まり忙しい毎日を過ごしております。

私事ですが、
ここ数年はJAZZ(ビバップ)に没頭しておりました。
数年前までは様々なジャンルを弾いて参りました。

先日、
黄金帰郷致しました友人が非常に懐かしい音源を所有しておりました。
僕が19~20位のときの演奏の録音っス。(ああっ!?)

未だにJAZZの仲間にJAZZ一筋と思われがちな僕…
とあるピアノ弾きの方との会話で、こんな内容もございました。

Y 「昔はバリバリのJ-POP&ロックだったさぁ!」
友「えぇ~!想像できませんね~…本当っスかぁ!?」
Y 「当時はテレビでやってる音楽は大体やってたさ、好き嫌い問わず50曲位ね」
友「え~例えば?」
Y 「う~ん、ELTとかSPEEDとか、MAXとか、HITOMIとかモー娘、MISIAとか…」
友「えー、マジっスかぁ(MAXって…笑)?」
Y 「歌う女の子は5~6人はいたなぁ…バンドは3人で他は打ち込みで。」
友「ギュイ~ン!ってやるんっスか?え~…似合わねー!」

当時はアーティストが新曲&アルバムを発表しても、
楽譜が販売されていないってこともしばしば…。
あのバンドに耳を鍛えてもらったと思います。
残念ながら、ライブは1度も無し。
毎回の練習をDATにステレオマイク1本で録音。
マイク1本の1発録りでどれだけ録れるか楽しんでおりました。
(僕は音源を所有しておらず…)

おかげさまで、
立ち位置やモニタリング&SPのスラント角度などなど、勉強させて頂きました。

(とりあえず3曲。懐かしい…当時、高校生の微妙な女の子の唄とか入ってますが…笑)

これ。
2007.05.06 GOLD.
コニチクビ。

やっべー。
黄金休日も終わりが近くなってきました…
CS-3MODとリキッドがまだ着手してませぬ。(FETは無事届きました)

ここ数日はスタジオが続きました。
神奈川の友人の一時帰郷に合わせてスタジオ…
そして、次の日も別の方々とスタジオ…
最近は立って弾くと足腰が疲れてクタクタになります。
自作TS-8008(笑)も快調に響いてくれてます。

疲れた1日を癒す曲は何にしようか…ジャズでもロックでもなく。

今日も弾いてきたんだけど、この曲か。
こういう曲を、こんな田舎でも弾く機会に恵まれることに感謝っスな。 笑
素晴らしいメロディーで素敵。
スローな曲はずっと前から憧れていたんだけど、
いざとなったら、ぴったりの音が出てこない…笑

元々はThe Isley Brothersの楽曲とのこと。

どうして、海外の皆様はこのように素晴らしいメロディーメーカーなのでしょうか。
名曲は時代を超えて、形が無くても残るもの。
時に感傷的でもあり、希望に満ちるようなメロディーでございます。

感情の表現が素晴らしいのでしょうか。
一時代のロックスターやバンドマンもやっぱりスケールがデカイっス。
表現することと、何かを感じることってデカイっスね。


Aaliyah - At Your Best (You Are Loved)




2007.05.04 LED.
早速、クリップの部分を試行錯誤。
ダイオードは4148等色々と物色…
心臓部はRC4559Pとかってのに変更。

ダイオードの音も好きなんだけど、今一つ納得いかない。
なんとなく、当たり前な感じっス。
確かにMIDな感じで音色は好きなんですが…
弦の分離やレンジ等々考えるとLEDのほうが好みかも…笑 (原型留めてません…)
GAINは下がるものの、アンプのGAINに噛ました感じも好きな感じだ。

そして昇圧。
確かに艶っぽく前に出てきた感じ、これはこれでいい音な感じっス。
王様っぽい感じなのかな…と期待しましたが…笑
ダイオードよりはLED仕様でGAIN部分を高く変更したほうが王様ライクな感じ。
ダイオード深し…
丁度いいものはないだろうか。
ヌケ等考慮して、LEDとの中間みたいなのがあれば…(勉強不足…)

TS


そして今日もスタジオへ…笑



本日の曲。

彼もそろそろ話題になってきましたね、名前も変わってます。 笑

「Oz Noy (オズ・ノイ)」

この人のエフェクティブな感じも好きっス。
映像は音悪いっス、でも何気に足元も写ってます。
MAXON?
CE-1?
YAMAHA?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。