上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.30 SAKURA SCREAM.
コニチワ。
久しぶりの更新。
そして、昨日は夜桜を見に行きました。

sakura.



夜の桜も綺麗っス。
怪しい感じの美しさがありますね。
「夜桜」や「昼花火」なんかは日本人の独特な感性なのでしょうか。
あえて、夜に見る桜…
あえて、昼に見る花火…これも美学ですな。

話は変わり、TS系の感性…いや、完成。


TS


TS2


TS3


色がイマイチ納得できないっス…
ホームセンターへ行ってスプレー缶を眺めていると、
「オールド・グリーン」との銘柄が…(トテモ怪しいネ)
まぁ、今回はオールディーな世界への招待状(意味不明)ってことで購入。
家へ帰って、早速プシュ~っとやる。


…。


…。


コレハ、ミドリデスカ??



ジャア、オールドノミドリデスカ??



チュウトハンパネ…


む…
これじゃあ…全く味気が無い。
TUBE SCREAMERっていう、ある意味「叫び」が見えません。 笑
外装を再び考えよう。(肝心なのは音だけどネ…)

今回は「古そう」な部品を使用。 笑 (100%アホっス)
510Ωと510KΩを注文間違えの段階で勝負には負けていたのかも知れません。

また、今回は心臓部ICをあえて購入せずにジワジワと選定しようと試みる次第。
トランジスタや「ここは…んん?」と思う部分はソケットにしておく。
TS系と言いつつも箇所によって若干の変更、まだ一部の部品は実装せずに残っております。

肝心な音ですが、実にOVERDRIVEっス。 (意味不明)
思っていたより歪む。 (無い知恵絞るからマイナスに作用した)

リアとフロントの違いが抜群に分かります。
プレーン弦3弦の12Fや、巻き弦5弦の5Fでも十分気持ちがいいっス。
音色は思いっきりBLUESな感じっス、
FUSIONや綺麗な感じの楽曲だといい感じで台無しになります。 笑(調整次第)
私的にGAINをもっと下げて、VOL範囲の見直しが課題っス。

お気付きの方もおりますでしょうが、


「TONEねーじゃん!!」


はい、正解。(なるほど・ザ・愛川欽也風)

意味無く、2ノブ。
TONEは内部トリマーで調整。
TONEや2ノブのHIGHとLOWなどのEQが付いているペダルは、気になってしょうがない…
ツマミで遊んでしまうから、遊べないように隠しました。(挙動不審)

僕のペダルボードにはドライバーセットは必需品っス。

 


スポンサーサイト
2007.04.27 GW.
もう少しで黄金休日…
皆様の予定はどんな感じでしょうか。(僕は仕事かもね…)

僕としましては諸先輩方々から教わりました、
「CS-3 MOD」と「Liquid Sunshine」等々…
それに以前からやりたいと思っていた「TS-808」を予定したいっス…

まず、最初は…
TSとLiquidでしょうか。

TS-9は以前に所有していたことがあります。
当時は高校生だったために、その良さが分からなかったと…
確か…誰かに貸して戻って来てません。
TSを様々な記事を参考にあれこれイジってみたいっス。
BOOSTでも可、単体でも可ってのが理想っス。
ランドやクレイ&世界の多種な踏み踏みもTSの枝分かれを伺わせる様子…

面白みはゼロですが、基本的な部分から。 笑

んで、Liquid。
まだ、本物を見たことないっス。
もねぱぱ様のところでもLiquidが取り上げられております。
ケン太の対抗馬と言うべきか、完全に意識してるのでしょうか。
ダブルGAINってのが気になります。
HPを見る限り、
基盤内部HIGH&LOWのSW等々…
もしや…HIGH側GAINとLOW側GAINのような感じなのでしょうか。
それぞれが独立して効くってことは…(ケン太と焦点は近いのかも)

んで、CS。
BOSSの製品って優秀だと思います。
優秀を更に進化させるべく!!CSをワイドレンジに改善したいっス。 笑
ノーマルのままではヌケ&圧縮に難点を感じてしまいます。

まずはTS。
今回はビンテージな部品で頑張ろうか。

2007.04.25 ME.
実験的にマルチ等にも繋ぐ。

multi



multi2


インピーダンスの問題もあるとは思いますが…笑
空間系のペダルは既に手放してしまいまして、
地元リサイクル店で3000円で昔にBOSSのMEを入手、色々と噛ませたい時期でございます。
ディレイなんて噛ますのは久しぶりだ、今度はPODとかでもやってみようかしら。
綺麗な音も好きっス。(極端っス)
綺麗な音を出したい自分と、よりオールディーな音に憧れる自分…
この行ったり来たりがギターを飽きさせない要素なのでしょうか。
時には生楽器に憧れてみたり、エレクトリックに走ってみたり…
所詮、完全な「生」になると生アコか生ガットになってしまうっス。
ウッドベースサイズのギターを作ろうか…笑(横にして弾く)

Kenny Garrettを発見。
この人のフレーズも好きっス。
マイケル・ブレッカー亡き現在、
コンテンポラリーなSAX奏者は希少だと感じます。
ジョシュアやロヴァーノ新旧様々、奏者はおりますが。

一聴して分かる音といいますか、何とも個性的。(ストリート的)
ブレッカーはパズル的対称に計算したような音遣いに対して、ケニーはソウルフルっスね。
アウトサイドもケニーの場合は半音下&上の強引ペンタペンタが多いっス。(4度上の分解など)
ギターに置き換えてもイカす音でお世話になっております…笑
こんなシンプルなメロでも、これだけハズす度胸が凄いっス。

この映像を見て、曲の終わり方をパクったことあります。 笑
一人一人の時間差退場…笑
イントロカッコイイ…それに、このドラム…
昔から気になっていたのですが、上手すぎ…。


2007.04.24 4558.
最近、TS系も気になる…(またODかよぅ…)
実際、TS-9とかは過去に使用したことがある。
TS-808やTS-880等の記事&回路も見かけることが多いっス。
880はSOFTDISTっていう触れ込みだけあって、かなりソフトな印象だった。

808…
んんっ…

お気づきの方もおりますでしょうが、
ODに関しては私的に3ノブとかになると…足踏み状態の僕。(何故か…)
TONEとかあるほうが便利なんですがね、気になってしょうがない…笑
「万能」「使いやすさ」よりも「頑固一徹」「他の音は出ません」っていう、
ある意味潔さに「漢(おとこ)」を感じてしまうっス。 

こんな私は変態なのでしょうか…笑

2007.04.23 新・COMP
コニチワっス。

とりあえず、完成っス。

comp


comp2


comp3


えー、名前はそのまま。
名前の意味が良く分かる感じの音っス。
ODみたいな外観になってしまいました。

と、その前に試奏時に間違ってCAEのパワーサプライのACアダプタを挿入…
(時間よ…戻れ…)
当方、その時急いでいた為に重度アホな過ちを犯す。
オペアンプが天国へ…涙 TL072…時間よ戻れ。

急遽、TERRY様から頂いた某メーカーのワイアレスの中の4558を外す。
暫時、それで鳴らす…(周波数の関係で旧ワイアレスは使えないらしい…)

ん…?これで合ってるのかな… (未だ自作に自信持てず…)

僕の配線が正しいならば「FLAT LINE」って名前通りっス、ラインで鳴らしたクリーン。
踏み踏み…

しかも、ハリのあるクリーン…(ハーフトーン万歳)
パコパコ系を期待していた僕ですが、不思議と嬉しい…笑 (無事鳴ったし)
4~6弦は良い感じに変貌っス。
SUSTAINが10時以下は原音とほとんど変わらず、LEDが無ければ分からない。
MAXで「ミョ~ン」と意味不明な音を発する。
コンプってか、エンハンス&リミッタ系でしょうか。

かすかに分かるCOMPっていう感じか。
歪みと噛ませても良いですが、クリーンだと尚良し。
率直な感想で「クリーンで生オケでも、これヌケるねー」って感じっス。
ブライト高温でヌケるって感じではなく、音に肉が付く感じっスね。(肉の周波数は若干変わりますが)
両ツマミ1時方向でもORANGEやDYNA等はBOOSTERっぽく音が変わります。
GAIN高めなのでしょうか、特にORANGEなんかは若干トレブリっス。(オリジナルもっスね)

DYNAはパコパコ感がCOMPって感じなんでしょうか。
逆にEBS・carl・TCあたりのCOMPのほうが味付け無しな感じがします。

明日でも爆音で試奏してみようと思います。
私的には縦にも横にも音像まとまる感じで好きっス、
効きは浅くても、狙っているZONEが分かると言いますか…。








2007.04.22 FUNK!!!!!
僕の好きなギター弾きのなかに、
「Dave "FUZE" Fiuczynski(デビット・フュージュンスキー)」って方がおります。
言わば、変わり者って風格&扱いみたいですが…
最近、ピアニスト上原ひろみ等のアルバムにも参加している様子。
このアルバムでのプレイも素晴らしいっス。

私的に思うのですが、
あまり表立って欲しくないっス…笑
なんか有名になってしまうと、淋しいっス。


「screaming headless torsos」ってバンドも引き連れてますな。
かの有名なバークリーでも教鞭をとっているとのこと。(昔の演奏を知る人は「えっ!?」て感じ)

しかし、似てる。(と思うのは自分だけか…)
スコヘンに似ている。 笑
ってか、スコヘンが影響されている感じがする。
パット・メセニーがジョン・アバークロンビーを参考にしたように、
スコット・ヘンダーソンは彼を参考にしたのかな…笑

screaming~等々バンドの演奏ではFUNK&ROCK的な要素爆発。
彼もエフェクトペダル好きなんでしょうね、ついつい足元チラリズムっス。

Charlie Hunter(チャーリー・ハンター)に関してもそうだ、変わっている。
8弦ギターってこともそうなんだけど、和音の感覚がお洒落泥棒だ。
かなりヒップなサウンドだし…
僕なんか6弦でも精一杯っス。(弦が3本位なら楽なんだけどねー)


変わり者2種。

元祖変わり者、Fiuczynski



そして、
8弦ギターの変わり者、Charlie Hunter


2007.04.21 jam,
コニチワ

今日はスタジオ入りっス。
曲覚えないといけないっス。

自作ODの調整も終了。
あとは昆布…いゃ、コンプだ。(これが難題…)
簡単な回路に魅力を感じてしまう最近の私。
単純に難しいのは出来ないだけっス。
使用パーツを考えている最中が一番幸せだったりして。
(コニチワの 。 にGO!)

えー、
ここ数年の間は全くペダルを使用しておりませんでした。
フルアコ→アンプだったんですが。
JAZZ系の知人からは「最近どうしたの?」とよく聞かれます。 笑
遡ること1月の日記にて、「今年は歪み」と宣言したのでありますが…。
昔は様々なペダルを使用しておりましたが、近年は実に多種の新製品がございます。
と、同時に無くなったメーカーもある様子っス。

やはり、
ギター小僧にとって足元のペダルの意味は深いのでしょうね。
生演とか見に行っても足元が気になります…
ステージに向かって「今ナニ踏んだんだー!?」って叫びたい。

以前にバンドを一緒にやっていたとある知人は、
「足元研究家」と言いたいほどの人物でした。
生演パンフやPV、多種の記事にチラっと映っているペダルを即買い。
次回の練習で会うと彼の足元にございます。 笑

あの小さい固体で、
ボードにキチっと収納されている魅力なんでしょうか。

あ、

あと皆様にお聞きしたいことがあるっス。
ギターからの信号、最初の数個ペダルの接続順。
コンプやワウ等の位置って人によって違いますね。
僕の周りでも様々っス。
僕は、ギター→コンプ→ワウ→ODなんですが…

1.ワウ
2.コンプ
3.ODorDSorFUZZ

これ、皆様はどうなんでしょうか…。
2007.04.20 続・COMP
再びCOMP…コレ。 笑

FLATLINEって…
その響きが気になるっス。
しかも、入力10Mって。
タイトル通りLINE機器みたいな感じなのでしょうか。
DYNAやROSSの安全帯で製作すればいいんだけど、
ある意味、この「怪しさ」も気になるっス。

んで、
今回はいきなり塗装。

comp


(写真ボケてますが…)

基盤が入るか入らないか考える前に穴あけ&塗装。 笑
これで自分に潤いと勢いを与えます、
「空けちゃった&塗っちゃったから後戻り出来ない」状態。
100円の着色&クリアスプレーで吹く。
色は限られた色しかなくて、悩んだ挙句に「ライトブラウン」に決定。
ORANGEやDYNAの明るい色に比べて大人しいイメージか。
まだ音を聞いてないのにイメージ作り…
予想が的中すればいいんだけど…笑

2007.04.18 BLUES.
BLUESとかで、
つい熱くなって「キューンっ!」って感覚になるのが好きだ。(いきなり何だ)
ダブルチョーキングとか特に…笑
他の楽器には無い奏法とか、
微小にDRIVEを噛ますことで際立つ音とか。
クリーン基本のJAZZでは味わえない感覚。
久しぶりの感覚っス。

セールスとかの言葉を話すテクニックに、
「印象づけたい言葉は逆にソフトに小さく話せば印象づく」らしい。
ギターもそうなんでしょうか。
小さいニュアンスとか、感情の起伏とか要素が大事なんでしょうね。
よく「顔で弾け」と冗談で教わりましたが…笑

昔は厚くてふくよかな音が好みでした。
最近はPUやギターの音を上手に吸い出してくれる音が好みになりました。(意味不明)
今はクリスピーな音や鼻に詰まるような音や、ジャキジャキ系の音も大好きっス。

何と言いますか、
EQの作りこまれた音ってより、
よりヒューマンな感じと言いますか、
荒も目立つ人間的と言いますか、大味と言いますか…(更に意味不明)


2007.04.17 …。
えー、
とりあえず例のコンプ。
MODのモノでなくオリジナルのモノで製作、それがこれ
テスト機に組み込んでみたのですが…

歪むし、COMPの変化が無い。

音は出てるんですが、BS170が故障…?
試しに他のFETを挿してみるが、全体的に音量が下がる程度の変化。
しかし、凄いノイズだ…笑
音量もデカすぎる…

もし、これが完成物なのであれば完全にBOOSTERだ。 笑
BS170の部分からCOMPの調整ツマミへと行く様子なんだけど。
D1のdiodeを通過しないで接続すれば単に音量が変わるだけ、まるで2VOLだ。

やはり、万人が絶賛のROSSなのか…笑
BOSSに落ち着くか…
DYNAで飛ぶか…
ORANGEで妥協か…

むぅぅぅ…。(だったら使うなCOMP)

黄色のDRIVEは順調。
PREGAINみたいなのとTONEを付けようと悪あがきっス。
冒険したい時期っスから…笑
2007.04.14 335.
僕は浮気性っス。
さんざんストラトがいいと言っておきながら、
セミアコにも鯉を…いや、恋を。
赤は持ってるんだけど…
やっぱり弾く人なんでしょうか…笑
眠れぬ…。

こういうメロディーも好き。(古臭いけど)
以下2つで1曲。 笑

あぁ…こういう曲もやりてーっス…
演奏中のやり取り見てて楽しそう。






2007.04.13 pacopaco.
コニチワンス・アゲ~ン。

いきなりですが、これ

…。
PFって…謎だ。 笑
ってことで、朝鮮…いや、挑戦。

最近、簡単なモノばかりに興味がある。(難しいのできましぇーん)
「このパーツ数で何ができるの!?」っていう魔法に見事かかる。(マヌーサ&ラリホー)
ちなみに、使えるか使えないかは分かりません。
C1とC5あたりも多分、変更でしょうな。
それでもお財布に優しい感じがします。

えー、
おー、
うー…。 笑

自作の黄色OVERDRIVEも、あれこれパーツの数値を変えて遊ぶ。
「おー、これ変えればこうかぁ…」みたいな発見もまた楽しいっス。

あ、それと、
クリーム色のストラトに鼈甲のピックガードが付いたギターが欲しい。
この辺では使ってる人がいないから、

「クリームST+鼈甲PG=僕。」

という式を作りたい。 笑
しかしながら、これは夢だ。(意味不明)

神明町の「mock」でのJAZZセッションにも最近行ってないなぁ…。
今度、隣町にこの人が来るらしい。
5月にライブ予定で、バックはこっちのバンドでやるみたい。
「一緒にやりません?」って企画の方に誘われてるんだけど、この数日はROCKな気持ちだ。笑

上記写真のフルアコも弾いてやんないとな…。
   





2007.04.09 vol.
コニチワ。

先日のVOLダウンペダルを製作。(製作ってほどのモノじゃ…)

vol2


vol


ジャケットはMUDDY WATERS氏。
DRIVEかと外観では思わせぶりなペダル…
MUDDY氏に失礼だと考えるのであります…笑
しかも、LEDとバッファも除外。
小さいFUZZにしとけば良かったのか…。(それも失礼な話だ)

話は変わり、
本日BOSSのこれを借りる。
「イジってもいいよー」との話で…笑
私的にノイズも少なく好きな感じではあるっス。
DYNAは以前ずっと使用していた時期がありました。
DYNAの味と言いますか、あれはあれで「薬味」な感じで好きっス。
ORANGEも好きなんですが音が変わりすぎる点が不満。
まぁ、音が変わらないとエフェクターではなくなってしまうのですが。

このペダルは長期使用したことがないのですが、
理由は唯一の不満点である「レンジの狭さ&ロー」にあります。
それがコンプの特徴と言われると反論できませんが…笑
要するに外国産に見られるような大味ではない感じとでも言いましょうか…(じゃあ使うな)
DAVID T WALKER曰く、
「コンプはニュアンスが無くなるから嫌い」とのことですが…
この辺は賛否両論でございます。

僕の場合、
GEORGE BENSONやDAVID T WALKERみたいに、
ピックを持つ手が逆アングル…DYNAのときは、これでコンプを噛ますと、

「パッコンキーンッ~!」  笑


「うっほ~いっ(小踊り)」


となります。
現在はそこまで深くは噛ませないですが…笑
心地よく、腰砕けなR&Bな和音を弾きたくなりますわな。







2007.04.07 MUFF.
コニチワ。

先日、作り始めた「BIG MUFF」の試奏をする。
とりあえず、ロシア製MUFFをとの声だったので名前を考える。

ロシア…ロシア…
ピロシキ…金髪美女…
ヘンな帽子…毛皮…ロシアン・ルーレット…

ハイ、ロシアン・ルーレットに決定…笑
44マグナムと弾痕を付けて完成。 笑 (発砲済み)

muff.


muff2


muff3


音はとい言いますと、FUZZっス。 笑
DIST系なツマミ位置もございますが。
何よりも驚きなのはEQの効き具合。
モコモコ→太い→マイルド→エグイまで強烈っス。
昔弾いたことあるけど、ロシア製のMUFFよりもこれは整った音に感じます。
暴れ具合は似てますけど。

ガツガツ弾くには最高っス。
思ったよりローノイズ。
FUZZも面白いっスね…。





2007.04.06 ...。
コニチワ。
今日はJAZZの話を。

僕がJAZZに興味を持った頃、
まぁ、JAZZとは言わないのかも知れませんが…笑
どちらかと言うとフリー系っス。 笑
現在はスウィング&バップに何でも聴くのですが、
当時は「多少ハズれたギター」が好きでした。(フリーは完全に飛んでますが…)
音がハズれてる、いわゆる「アウト系」ではなくて、
曲自体が不思議な感じの音楽。
民族的と言いますか、融合みたいな感じ。
曲の始めと終わりが不明みたいな…笑 (モーダルな感じ)
未だに好きなんですがね。
大勢でやると曲が行方不明になりそうな…笑

音階うんぬんってより感性なのでしょうか。(怪しい感性)
普通の曲やバップなんかは弾いてて「縫う」ような感じの感覚があります。
民族的な音楽や、そういう展開を弾くときは「飛ぶ」って感覚っス…笑
(怪しい空中浮遊)

縦の和音を意識する西洋の楽曲に対して、
横の繋がりに可能性を見出す民族の音楽といったところでしょうか。
よくテレビでやってる世界の「なんとか民族」とかの集団の唄なんか、聴き惚れてしまいます。
「音階」っていう概念があるのかどうか分かりませんが、
生まれ持ったモノでしょうか。(いいなぁ…)

民族的な要素…
ちなみに、ブルーノート音階の♭5は黒人が発音出来なくて5度が下がったモノらしいっス。

深い…



2007.04.05 mu...。
コニチワ。

先日のBIG MUFFの基盤を作る。
なんとか終了。
音出しが楽しみっス。
今回は普通のパーツで組み込んだ。

muff


ケースはロシアを意識して緑っぽいモノにしよう。(意味不明)

んで、
VOLを落とすペダルも考える。
もねぱぱ様からコメントを頂きまして、バッファー内蔵を目指すが…
ケースがちっちぇ…笑
「土日で作る~」の本のバッファ部分を使用するつもりだったんだけど。

mini


このケース、
ozzy-sun様から購入したんだけど、何に使う用途なのか不明。
ギュウギュウすぎて組み込む気にならないっス…
今回はバッファーを諦めるしかないかぁ…

さ、
苦手なケースの穴あけがある。
どうしよう…涙

土曜日に向けて練習もしなければ。
ハービーの「カメレオン」をやりたいと皆に伝える。
久しぶりのファンキー節だ。
WAHWAHでチャカポコしたいっス。
2007.04.04 music.
コニチワン。

只今、夜中真っ最中っス。
夜更かしイケナイ大人っス。

さっき、夜中の通販でイージー・リスニング曲集のテレビやってました。
懐かしいっス…
僕の祖父が車中でよく聴いていた記憶が。
ポール・モーリア&ヘンリー・マンシーニ&グレン・ミラー…
要は「タンゴ」と「楽団」が好きだったんだけど。
未だに僕も好きなんですけど…笑

話は変わりますが、
この人の足元も凄い…
笑うしかないです。

スコヘンの足元でさえ、ビックリなのに…
みんなこうやって音作りしているのでしょうか?
とても機械的な音っス…笑
ってか、その使用ギターだと、
本来の音が分かりません…涙


2007.04.02 Germanium.
コニ    →    チワ。

Germaniumにビックリ。
温浴とかネックレスではありませんよ。
トランジスタっス。
ファンタジスタなトランジスタっス。(意味不明)

えー、
あのー、
書くこと何もないんですが、
えー、



ビバ!半田付け!とあっっ…



とりあえず、叫んでみました。
上手に付ける技術が欲しい…


次なる政策&製作は…と…
ギターのボリュームをダウンするモノが欲しいっス!
(ボリュームペダルではなく…)
DRIVE踏んで弾きつつリズム的に弾く場合やアルペジオ等の場合に、
ボリュームをダウンした音って好きです。
同じ音質のニュアンスを出しつつクリーンにしたい欲望…
若干絞るとトレブリーになる感じも好きっス。
クリーンチャンネルだとペダルDRIVEをOFFるとローやミッドの感じが違う場合がありません??

ようし!考えよう!!!!
あたたたたたたたた!!!!!!
2007.04.01 drive→JC.
コニチワ。
コバンワ。

本日、1987の録音を試みたのですが…
私所有のヘッポコマイクでは爆音で音が割れて大変なことに…笑

丁度ジャムもあったので、
以前から気になっていたジャズ子との相性を試みました。
1987で音が割れてしまうことが発覚したので、マイクを遠くに置く…笑
とりあえず、入力も極小小粒っス。

今回のお相手はJC-160。
10インチ4発っス。
生バンドでどうなるか実験。
マイクは家電量販店でも売っている普通の小型PCマイク1つ…笑

TERRY氏から「KOCHで弾きゃいいじゃん」とのお誘いもございましたが、
あえて、あえてジャズ子でございます。(冒険大好き)

ペダルは以前製作した黄色のヤツ。
ギターはシングルのフロントで、狙ってペダル1つのみ…笑
全くのアホでございます。
頼りないギターと頼りないペダル…
音出なかったらどうしよう…と内心焦るのであります。

えー、感想としては…まあまあでしょうか。
160だったからなのかなぁ。
もっとFUZZ臭くなると思っていたんだけど…
ハムも試しましたが、ジャズ子だとイマイチっス。
クリーンはペダルをOFFらずにギター側VOLを落として行けそうっス。
ペラペラ感もありますが…次回対策を考えよう。
今回はTERRY氏からペダルボードを頂いてしまった、
再びお財布に優しい環境っス。(あざ~っス)

ふと思ったのですが、
どんなペダルを使用しても、GAINの濃さやEQ具合ってほとんど変わらず。
皆様もそうでしょうか??
弾く側のスポット(性感帯)みたいなのがあるのでしょうか。
結局、同じような音を作ってしまうのでしょうか…笑
どれでも同じような音になってしまいそうで怖いっス…

ひとまず完了。
さて、次回は何を作ろうか…………。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。